電気的用途

  • トラッキング(部分放電)時のFFT画面

    絶縁体を挟んで地面に低電流が流れる場所では、部分放電またはトラッキングが発生します。「ポン」という音を生じる電圧の上昇と放電があります。FFTでは、50Hzの振幅がいくつかあることに注目し、これが電気的性質の音であることを確認します。

  • トラッキング(部分放電)時のタイムチャート画面

    絶縁体を挟んで地面に低電流が流れる場所では、部分放電またはトラッキングが発生します。「ポン」という音を生じる電圧の上昇と放電があります。放電がピークに達すると、「ポン」という音が鳴ります。ポンという音はいつ発生するのか分かりません。

  • コロナ時のFFT画面

    コロナは、空気を通って地面へ放電します。このタイプの放電は、同じようなブーンまたはジューッという音がします。50Hzの高調波ピークは、画面全体で均一に分散されることがわかります。

  • コロナ時のタイムチャート画面

    放電は正弦波の負ピークでのみ発生するので、タイムチャート画面における振幅のピークは等間隔になります。

  • アーク放電時のFFT画面

    アーク放電では、絶縁体を挟んで地面に高電流が流れます。次に、長期間放電する「エネルギーの爆発」を示します。コロナとトラッキングの初期段階で聞こえる「ブーン」という音は、アーク放電では聞こえません。FFTでは、必ずしも必要はありませんが、50Hzの振幅がいくつかあることに注目し、これが電気的性質の音であることを確認します。

  • アーク放電時のタイムチャート画面

    アーク放電では、絶縁体を挟んで地面に高電流が流れます。次に、長期間放電する「エネルギーの爆発」を示します。コロナとトラッキングの初期段階で聞こえる「ブーン」という音は、アーク放電では聞こえません。タイムチャート画面では、「エネルギーの爆発」が幅広いピークとして見られます。