予知メンテナンス潤滑コース

Learn about improving your bearing greasing practices for pro-active maintenance on rotating equipment.

本コースは、ベアリングへの適切な潤滑を行うため、潤滑担当者をサポートする実践的な1日間のコースです。

ベアリングの主な故障原因は、潤滑不良です。潤滑過多は特に多く、潤滑不足の場合でも、ベアリングは長期間に渡って傷つき、寿命が短くなり、結果的に生産停止につながります。

このコースでは、以下のことを学びます:

  • 検査手順の準備方法
  • UP201Grease Caddyの設定方法
  • 検査手順の計画
  • UP201 Grease Caddyの操作方法
  • 判定基準の測定値を確立する方法
  • ±50ベアリングへの潤滑法

予知メンテナンス潤滑コースのお申込みについては、こちら
Register here for attending a Condition based lubrication Course.

オンサイトサービスについてのご質問は、こちら
Ask us for possibilities for on-site service.